結婚ご祝儀宛て名書き

結婚ご祝儀のあて名の書き方

結婚式のご祝儀袋の宛名の書き方

結婚式のご祝儀の宛名の書き方は個人・複数人で持参する場合で多少異なります。まず外袋の書き方について説明します。祝儀袋の上部(水引の上)には「寿」「御祝」などの文字を記入します。個人で持参する場合は、水引下の中央にフルネームで名前を記入します。連名で持参する場合は、中央から左に目上の人の名前から順に記入します。会社やグループ名の場合は、中央に会社・グループ名を書き、中に全員の名前を書いた紙を同封します。中包みのおもては金〇萬円と金額を書き、うらには自分の住所・名前を記入します。結婚祝いのご祝儀は10本の結び切りを選びましょう。水引の色は金銀や紅白が良いでしょう。また包む金額に合ったものを選びましょう。

式に招かれたときのご祝儀金額は

結婚式に招かれたとき、ご祝儀としてどのくらいの金額を包めばよいのか悩む人も多いでしょう。大体の目安としては、年代かける万円以上で覚えておくとわかりやすいです。その人の立場や付き合いの長さなどによっても増減はあると思いますが、20代なら2万円から3万円、30代なら3万から5万円、40代なら3万から10万円の間です。2万円や4万円、6万など偶数の金額を送りたい場合は、少し工夫をします。包むお札を5千円札や千円札を混ぜて奇数の枚数にしたり、奇数万円の現金と1万円程度の品物を贈り物として用意したりすることもできます。式を欠席する場合は、出席する場合の半額もしくは3分の1程度を目安にします。以上の相場はあくまでも目安なので、判断が難しい場合は同じ結婚式に招かれている親族やゲストに確認してみましょう。

↑PAGE TOP