結婚のご祝儀にこめる

結婚のご祝儀に込める気持ち

ご祝儀に気持ちを込め結婚を祝う

結婚のお祝いをする時に、悩むのがご祝儀の額です。周りに合わせることも必要な時があるので、一緒にいく友達と相談するといいでしょう。また、お祝いする相手が友達なのか、仕事関係の同僚なのか等の立場によっても多少考えなければいけないポイントです。結婚という縁起のいい場合において、割ることのできる偶数は、分かれる→別れるという意味で避けるべき数と言われています。ただ、不景気の現代において、「2万円」もご祝儀として渡されています。見方をかえれば2=ペアとも考えられます。何よりも、相手へのお祝いの気持ちを込めて送ることが大事です。

式に呼ばれたらご祝儀を準備

人生において、友人や親族、同僚などの立場でお祝いの席に呼ばれることが何度もあることでしょう。結婚式の招待状がきたときには、できるだけ出席することができるようにしたいものです。そこで、日程を調整しながら準備をしていくことになります。事前に考えておく必要があるものとしては、当日出席する際の服装などをしっかりと決めておくといいでしょう。また、気になるのがご祝儀です。結婚する新郎や新婦との関係や年代などによっても包む金額が異なるのですが、友人や同僚などでは3万円くらいが一般的です。そして親族などで深い関係にある場合にはさらに多く包むことになるでしょう。

↑PAGE TOP